SOKENSTYLE

2020.04.20 お役立ち情報

注文住宅の間取り決めで大切なことと住みよい家づくりのためのヒント

注文住宅の間取り決めで大切なことと住みよい家づくりのためのヒント

注文住宅を作りたい!という方は、間取りのことをしっかり理解してから作らないと、後悔してしまうかもしれません。今回は注文住宅でありがちな間取り・設備などの失敗例や間取り決めをするときに意識しておきたい点などをご紹介いたします。

目次

注文住宅の間取り決めでありがちな失敗

・動線の失敗

家事は毎日行うものですので、動線が悪いとストレスになってしまいます。
「食事を作るとき、冷蔵庫から調理台までの距離が長い」
「洗濯物を干す際に、家のなかを回らなければいけない」
「TVとソファの間に人が通って邪魔になる」など。
家事をする際、どうすればスムーズな動線を確保できるか前もって考えておきましょう。

・配線の失敗

見落としがちなポイントですが、コンセントの場所、高さ、数はとても重要です。
「複数の家電を使いたくてもコンセントの数が足りない」
「コンセントが高すぎてコードが引っかかってしまう」
このような制限があると家事がなかなか進まず、家事自体が面倒になってしまいます。

・水回りと排水音の失敗

生活していくうえで排水音は気になるポイントです。
トイレから寝室が近かったり、客間の上にトイレがある場合、排水音が響いて気まずい思いをするシーンが予想できます。
水回り設備をできるだけ一ヵ所に集中させると、プライバシーが守られるだけでなく工事費やメンテナンス代の削減にもつながるのでおすすめです。


注文住宅の間取りを決める際に意識したい大切なこと

・どこでどう過ごすかを思い浮かべる

「新しい家のどこでどう過ごしたいか?」を明確にすることはとても大切です。
アウトドアが好きな人は、広めのバルコニーや庭を設置すると、楽しい住宅になりますし、家族とのコミュニケーションを重視したい方は開放的なキッチンやカウンター式のキッチンにしてもいいでしょう。
家族の誰かが不満を抱かないよう話し合って住宅のスタイル・間取りを考えるのが注文住宅のポイントです。

・家の周辺の環境にも目を配る

注文住宅を建てる際には、周囲の自然環境にもこだわると、後悔する確率を下げられます。
主にチェックすべきなのは「日当たりの良さ」「風通しの良さ」「外からの眺め」「騒音の有無」「人通りや道路から、どのように見えるか?」です。
長く暮らすなら住宅の中だけでなく、外にも目を向けていきましょう。

・ライフプラン

注文住宅を建てる際は、長期的な目線で考えなければいけません。
親との同居や子供の独立など、将来の家族構成やライフプランを考えたうえで、リフォームしやすい間取りにしておくことも大切です。
気になる方は注文住宅を設計する時点で将来のライフプランを含めて相談しましょう。


注文住宅の間取りで失敗しないために

信頼できない業者に高い費用を払って失敗…。
そんな事態を防ぐためにも信頼できる業者選びをすることが重要です。
信頼できる業者とはどんなものなのか?最後にご紹介いたします。

・信頼できる会社選び

信頼できる会社選びで見るべき点は、
「設計者の提案レベル」
「自分の好みに合った住宅を建ててくれるか」
「どのくらいの物件を手掛けているか」
などの実績です。

その業者が年間どのくらいの注文住宅を手掛けているか?どのようなサービスをしてくれるか、資料やカタログなどを取り寄せてチェックしましょう。
実際の完成形や暮らしぶりを体感できるモデルハウスを利用するのもおすすめです。

また間取りの打ち合わせをしているときに、こちらの希望を鵜呑みにせずしっかりと提案をしてくる業者を選びましょう。
「〇〇のような家にしたい!」と言ったときに黙って図面を変更する建築士よりも「それなら〇〇のようにするほうがいいですよ!」と実績に基づいてアドバイスされると信頼感が高まる気がしますよね。


まとめ

理想の注文住宅を完成させたいという方は、一度創建ホームのモデルハウスをご覧になってください。
緑が印象的なナチュラルハウスや、スタイリッシュなデザイナーズハウスまで様々な物件が見られます!
創建ホームなら、理想に近い物件が見つかりますよ!

現在見学可能なモデルハウスはこちらから。