SOKENSTYLE

2019.08.08 お役立ち情報

使いやすいウォークインクローゼットとは?ポイントを紹介します

使いやすいウォークインクローゼットとは?ポイントを紹介します

家族が多い場合や、たくさんの洋服を持っている場合、収納力が高いウォークインクローゼットがあると何かと便利です。今回はウォークインクローゼットのメリットとデメリット、機能的なウォークインクローゼットを作るためのポイントをご紹介いたします。

目次

ウォークインクローゼットとは

・ウォークインクローゼットってどんなもの?

ウォークインクローゼットとは中に人が入ることのできる洋服収納スペースを指します。一般的なウォークインクローゼットには、ハンガーをかけるパイプや収納棚があり、家族の洋服が管理しやすいようになっています。洋服だけでなく小物類も一緒に収納しておけば、ウォークインクローゼット内で身支度が完了するのが魅力です。

・ウォークインクローゼットの種類

<ハンガータイプ>
衣類を吊り下げて収納しやすいように、パイプを内蔵したタイプです。ハンガータイプは洋服がシワになりにくいだけでなく、洋服を探しやすい、あまり大きなスペースを必要としないといった点が特徴です。ハンガー下のスペースをどのように有効活用するのかがポイントになります。

<収納棚タイプ>
ウォークインクローゼット内部が全て収納棚になっているタイプです。棚で仕切ると洋服が収納しやすく、見た目にもメリハリがついてスッキリと整頓された印象になります。ただし全面を棚にする場合は収納量が限られる分、ある程度のスペースが必要になります。

<キャビネットタイプ>

キャビネットやハンガーパイプ、棚を自在に組み合わせて、オリジナルの収納スペースを作るタイプです。キャビネットのサイズは大小さまざまなので、大きな場所を必要としません。収納力があり、住む人の人数に合わせやすいタイプといえます。


ウォークインクローゼットのメリットとデメリット

ウォークインクローゼットのメリットとデメリット

数年前に比べて身近になった「ウォークインクローゼット」。うまく使えていないと、「無駄なスペースを増やしてしまっただけ」という悲しい結果になります。ウォークインクローゼットを最大限活用するために、メリットとデメリットを知ってどうすれば有効的に使えるのか考えてみましょう。

・ウォークインクローゼットのメリット

メリット一つめは「中で着替えができる」こと。
先ほどもご紹介したとおり「ウォーク イン」という言葉が入っているので、クローゼット内を歩き回ることができます。つまり中で着替えることもできます。

メリット二つめは「大きな荷物も収納できる」です。
ウォークインクローゼットには洋服だけでなく、スーツケースなど大きめの荷物も収納できます。クローゼット内に大きな荷物が収納できると、部屋がすっきりしますよね。

メリット三つめは「管理がしやすい」です。
アクセサリー、バッグ、帽子などを「どこにしまったのか思い出せない」という経験はありませんか?服飾小物もウォークインクローゼットにまとめて収納しておけば、シーズンを過ぎた小物や出番の少ない冠婚葬祭用の小物も、いざ使おうと思った時に見つけやすくなります。

・ウォークインクローゼットのデメリット

デメリット一つめは「デッドスペース」です。
床面積の狭い場所にウォークインクローゼットを確保すると、通路部分がデッドスペースになり他の部屋が圧迫される場合もあります。スペースが限られる場所は、収納部分を壁面に寄せることで通路が省けて広く活用ができます。

デメリット二つめは「明るさ」です。
「クローゼット内に照明を作れば良い」と思うかもしれませんが、照明は自然光と異なり洋服の色みが少し変わって見え、カラーコーディネートに不便を感じるかもしれません。また自然光を取り入れようと窓を取り付けた場合、日差しによる日焼けが洋服の「色あせ」や「生地の劣化」に繋がることがあります。


機能的なウォークインクローゼットを作るために

機能的なウォークインクローゼットを作るために

メリットとデメリットを把握したら「失敗しないウォークインクローゼット」作りに活かしていきましょう!

・必要な奥行きを考える

ウォークインクローゼットを120%活用するなら、たっぷりの奥行を考慮しましょう。
必要な奥行きは、収納する洋服の枚数、家族の人数によって変わります。パイプハンガーの取り付け、収納棚やキャビネットの設置にはどれくらいの奥行が必要なのか、通路幅はどれくらい必要なのかをイメージしてみましょう。

・棚は可動か固定か

取り付ける棚は固定よりも可動するタイプがおすすめです。家族の変化に伴って棚を変えられる方がスペースの無駄が省けます。

・換気扇とコンセント

ウォークインクローゼット内に湿気がこもらないよう、換気扇や除湿器用のコンセントを設置しておくことをおすすめします。コンセントがあると、簡易の照明をけることもでき、何かと便利ですよ。コンセントや照明付近には物を置かず、定期的に掃除をしてホコリがたまらないようにしましょう。

・色々なタイプのモデルハウスを見学する

ウォークインクローゼットの使い勝手は、実物でなければ分かりにくいところもあります。そんな時は色々なモデルハウスを見学して、あらゆるウォークインクローゼットを体験してみましょう。創建ホームでは広島県内にウォークインクローゼットがあるモデルハウスが多数あり、公式HPからいつでも見学予約をお申込みいただけます。ウォークインクローゼットの快適性を体験したい方は是非、ご利用ください。