EARTHQUAKE RESIST

耐震・制振

創建ホームがご提案する永く住み続けられる家

『 耐震等級3+α 』の家

国が定める耐震基準の最高ランク『耐震等級3』。
創建ホームはそこをスタートラインと考え、独自の耐震・制震を用いた
「耐震等級3+α」の家をご提案しています。

※間取りによっては耐震等級3相当の条件を満たさない場合もございます。詳しくはご相談ください。

耐震基準最高ランク
『耐震等級3』とは

『耐震等級』とは、国が定める住宅の耐震性能をランク付けした等級のこと。
等級は1〜3まであり、最高ランクの3は阪神淡路大震災の1.5倍の地震でも倒壊しない耐震性を有します。

耐震基準最高ランク『耐震等級3』とは

なぜ耐震等級3
『 +α 』が必要なのか

REASON 01

『耐震性』だけでは、
地震から家は守れない

耐震等級3の住まいは『耐震性』に優れますが、地震エネルギーを逃がすことができず、共振することで揺れを増幅し、最悪の場合倒壊に至る場合があります。
創建ホームでは『耐震性』をさらに強めると同時に『制振性』をプラスし、様々な揺れの地震に対応できる真の『地震に強い家』を目指しています。

防災科学技術研究所の実大振動実験では、耐震性に優れた建物(※)と、それに劣る建物で前者が倒壊する結果に。※耐震等級2以上3未満相当の建物

防災科学技術研究所の実大振動実験では、耐震性に優れた建物(※)と、それに劣る建物で前者が倒壊する結果に。
※耐震等級2以上3未満相当の建物

REASON 02

本当に『安心安全な家』
被災後も暮らせる強い家

耐震等級は『倒壊しない』ことを条件としています。倒壊しないことで住宅は、地震の直接の被害からは命を守ってくれるかもしれません。
しかし、昨今の地震災害では、被災後の避難生活における『関連死』も話題となりました。家が倒壊しなくとも、住み続けられることができなければ、地震の多い日本において、安心安全な家とは言えないと創建ホームは考えます。

熊本地震(2016年4月)の死者数内訳

創建ホームの
『耐震等級3 + α』

創建ホームの『耐震等級3 + α』

一般的な建材を使用しても耐震等級3相当となる創建ホームの家。
万が一被災しても安心して暮らせる家を目指し、より耐久性に優れる住まいづくりを追求しています。

住宅に『制振性』『さらなる耐震性』をプラス

GEOストラクチャー

住宅に『制振性』と『さらなる耐震性』をプラス GEOストラクチャー

創建ホーム標準採用の『GEOストラクチャー』は、特殊なダンパーが揺れの強さに応じて耐震、制振性能を発揮、住まいに制震性とさらなる耐震性をプラスします。

詳しくみる

住まいに『より強い耐震性』をプラス

檜ストロング構法

住まいに『より強い耐震性』をプラス 檜ストロング構法

選りすぐりの国産檜を使用した建材「スーパーひのき」や、住まいの変形を防ぐ「Sパネル」を用いた構法で、住まいにより強い耐震性をプラスします。

詳しくみる

創建品質を実現する監理体制

創建品質を実現する監理体制

住まいの性能は品質から。良い性能を持つ構造も、品質が悪ければ性能を発揮することはできません。品質を高めるために創建ホームでは現場の管理体制に徹底的にこだわっています。

創建ホームの監理体制について