SOKENSTYLE

2019.12.12 お役立ち情報

憧れの古民家風住宅!注意すべきポイントは?事例もご紹介

憧れの古民家風住宅!注意すべきポイントは?事例もご紹介

家を建てたいけど、他と同じような住宅は嫌!という方は「古民家風住宅」はいかがでしょうか?新築でありながらも古き良き日本の空気感を反映させた古民家風住宅は、近年とても人気があり、年をとってからも長く住むことができます。今回は古民家風住宅の魅力や注意点などを解説していきます。

目次

古民家風住宅とは?魅力と特徴

・新築なのに、懐かしいデザイン

古民家風住宅は、木材や土壁、漆喰など、自然素材を取り入れて作られた住宅のことです。外観や内装も昔ながらの日本家屋をイメージして作られるので、新築でありながらもレトロで重厚感のある住宅にすることができます。近年は古民家カフェやホテルが作られるほど人気があるので、リラックスできる環境で暮らしたい方にはピッタリです!

・古材は耐久性も高い

古民家風住宅には「古い木材」が再利用されています。古材と聞くと、耐久性的に問題があるのでは?と感じる方もいらっしゃいますが、実は古い木材は時間とともに強度を増していき、樹齢100年の檜などは8001200年ほどは衰えないといわれています。耐久性が高く、環境にも優しいので、長く暮らしていきたい方にはとてもおすすめです。


業者を選ぶ際の注意点

憧れの古民家風住宅!注意すべきポイントは?

古民家風住宅を建築する場合、依頼できる業者はかなり限られます。建築業者に依頼する前にどのようなことに注意すべきなのか、ポイントをご紹介します。

・古材を再利用できるか?

古民家風住宅は、古民家で実際に使われていた木材や建具を購入し、再利用することで、味わいある建築を実現しています。しかし、一般的な業者は建具や木材を再利用せず、既製品のもので済ませているところが多いです。せっかく高いお金をかけても既製品の材料だけでは、味気ない建築になってしまいますよね…

質の高い住宅を実現するためにも、まずは古材や古建具が再利用かどうか、業者に確認してみましょう。

・細かいところまでこだわってくれるか?

古民家風住宅の床は垢材(ナラ、ケヤキ)、壁は漆喰塗りなど、多くの自然素材を用いて作られます。白い漆喰壁に、太い柱などを設置すれば、古民家風住宅らしい上質な空間を作れますが、一般的なハウスメーカーではなかなかこれらの細かい仕様までは選べません。細部までこだわりたい方は、注文住宅会社など、自由に仕様を選べる業者に依頼しましょう。住宅には長く住むことになります。依頼前にはしっかりと家族の好みやこだわりをまとめ、打ち合わせでしっかり伝えるようにしてください!

・リフォームの注意点とは?

古民家風住宅を実現する場合、本当の古民家を利用してリフォームを行う方法もあります。

古民家は希少価値が高く、固定資産税が安いので、一見お得感がありますが、その分修繕や維持費にかなりのお金がかかるので、要注意です。

配管や屋根瓦など、老朽化した設備を改善していくとなると、一度の修繕で快適に使っていけるようにするのは難しく、リフォームしても後から欠陥が見つかるケースもあります。


古民家風住宅の実例集

最後に、実際の古民家風住宅にはどのようなものがあるのか、ご紹介いたします!

・創建ホームの古民家風住宅をご紹介

創建ホームでは、数多くの古民家風住宅を手がけています。

フローリングの床に太い柱や梁を配置し、レトロモダンなインテリアで彩った住宅、モダンな土間に和室を設置した住宅、吹き抜けを利用した豪邸風の住宅など、懐かしさと新しさが一体化した「心地よさ」を体感できることでしょう。仕様にこだわりがある方も、是非、ご相談ください。スタッフが丁寧に対応させていただきます。

憧れの古民家風住宅!注意すべきポイントは?

憧れの古民家風住宅!注意すべきポイントは?

憧れの古民家風住宅!注意すべきポイントは?

憧れの古民家風住宅!注意すべきポイントは?

憧れの古民家風住宅!注意すべきポイントは?

憧れの古民家風住宅!注意すべきポイントは?

憧れの古民家風住宅!注意すべきポイントは?

憧れの古民家風住宅!注意すべきポイントは?

憧れの古民家風住宅!注意すべきポイントは?