SOKENSTYLE

2019.10.03 お役立ち情報

人気の対面キッチン!どんなメリットとデメリットがあるの?

人気の対面キッチン!どんなメリットとデメリットがあるの?

一言に対面キッチンと言っても、様々な種類のキッチンがあります。今回はどのような対面キッチンのタイプがあるのかというご紹介と、対面キッチンのメリットとデメリットについてお教えします。

目次

対面キッチンの種類

アイランドキッチン

対面キッチンと言えばアイランドキッチンを思い浮かべる方も多いでしょう。このキッチンは名前の通り、キッチンが島のように独立しており、壁に接する面がない構造をしています。アイランドキッチンは上級グレードのキッチンなため、デザイン的にもおしゃれなものが多く、非常に人気があります。

ペニンシュラキッチン

ペニンシュラとは半島を意味し、このキッチンは左右のどちらかが壁とくっついたタイプのキッチンになります。アイランドキッチンは対面キッチンとして有名ですが、実際に住宅で取り入れられているのはこちらのペニンシュラキッチンです。特徴として、アイランドキッチンに似ているので開放的で作業スペースも広く、コンロの横が壁なので油汚れにも強く、豊富な種類の中から換気扇を選べます。そのため、アイランドキッチンよりも掃除やメンテナンスが行いやすくなっています。

I型キッチン

このキッチンはコンロ、シンク、作業スペースが並行で一直線になっているタイプです。このキッチンは前に腰壁と呼ばれるカウンターが前につくため、完全なオープンではなくセミオープンキッチンとも呼ばれています。完全にオープンなキッチンと違い、隠す部分ができるので乱雑になりがちな場所を隠すこともできます。

セパレート型キッチン

セパレート型キッチンはシンクとコンロを別々に2つに分けたキッチンです。キッチンが2列になるため、「Ⅱ型キッチン」とも呼ばれています。一般的なセパレートキッチンはコンロ側が壁、シンク側が対面になっています。コンパクトなキッチンなので、狭いスペースであってもセパレート型キッチンであれば対面キッチンとして設置しやすい傾向にあり、狭小地などに建てられた特殊な形状の間取りであっても使いやすいキッチンです。

L型キッチン

このキッチンは上から見るとL字型になっているタイプです。一般的にはコンロの前が壁と面しており、作業スペースとシンク部分が対面になっていることが多くなっています。作業スペースが広く、調理の際の動線も良いことから使い勝手のいいキッチンです。ただしキッチンの面積が広くなるため、ダイニングやリビングにある程度の広さが無いと、圧迫感を感じさせてしまうことがあります。


対面キッチンのメリット

人気の対面キッチン!どんなメリットとデメリットがあるの?

対面キッチンが人気な理由で特に支持されているメリットがこれからご紹介する3つのポイントです。

コミュニケーションがとりやすい

対面キッチンは家族とのコミュニケーションを取りながら調理ができるという点が非常に人気です。お子さんが小さくても、対面キッチンであれば様子を伺いながら調理ができますので、なにかあってもすぐにお子さんの様子に気が付くことができます。また、高齢の方と同居している家庭でも同様の理由で人気があります。

テレビを見ながら調理ができる

リビングで誰かがテレビを見ていて、気になる内容が耳に入ってくると思わずテレビの方を見てしまう方もおられるのではないでしょうか?通常のキッチンであればわざわざ振り向いて作業の手を止めることになってしまいますが、対面キッチンであれば視線を動かすだけでテレビを見ることができます。
家族がテレビの話題で盛り上がっていても、疎外感を感じることがないというメリットがあります。

カウンターがあると配膳や片づけが楽になる

カウンターがあると非常に便利です。料理が出来上がる度にわざわざテーブルに運ぶ必要がありません。カウンターに料理を並べておいて、後でまとめて運ぶことができます。片付けもカウンターに先に食器類を置いてしまえば、シンクで受け取るだけで済みます。そのため、調理をしている人にはもちろん、普段あまり料理をしない人であっても配膳や片づけが手伝いやすいというメリットがあります。家族で協力すれば、配膳も片付けもいつもより早く済むようになりますよ。


対面キッチンのデメリット

しかし対面キッチンにはデメリットもあります。対策方法と一緒にデメリットをご紹介しますので、対面キッチンの設置を考えている方はしっかり覚えておいてくださいね。

以前のキッチンよりも狭くなることがある

対面キッチンはクローズタイプのキッチンよりも広いスペースが必要です。そのため、台所スペースが狭い場合は対面キッチンに適していないことがあります。無理に設置をしても通路が狭くなったり、収納スペースが狭くなったりするので、どうしても対面キッチンを設置したい場合はⅠ型、若しくはL型のキッチンを選んだり、業者に相談してみましょう。

ニオイが部屋に充満する

クローズタイプのキッチンはリビングと切り離されているため、それほどニオイがリビングに広がることはありません。しかし対面キッチンはキッチンとリビング・ダイニングが一つの空間として繋がっているため、どうしてもニオイが充満してしまいます。特にIHタイプのコンロは換気扇を回していても十分にニオイを消すことができません。
調理中はできるだけ換気扇を回したり、ニオイを消臭・脱臭する効果のある壁にリフォームをすることをおすすめします。また、IHコンロの場合は換気扇の位置を変えることでニオイを抑えることもできます。

来客にキッチンの様子が見えてしまう

様々な物が必要になるキッチンはどうしても乱雑になりがちです。そのため、普段からしっかりと片づけをしておかないと急な来客が来た時にキッチンが丸見えになってしまいます。
対策として「立ち上がりカウンター」や腰壁を設置するほか、間仕切りなどを活用すれば急な来客でもサッと対応することができます。


まとめ

魅力的な対面キッチンですが、デメリットもありますのでしっかりと対策をして取り入れたいですね。
創建ホームでは住宅に合わせた対面キッチンのご提案をしています。モダンかつスタイリッシュなキッチンは最新設備を導入することでニオイなどの対策もしており、誰もが憧れるようなキッチンづくりに尽力しております。

対面キッチンについてお悩みの方はぜひ創建ホームのモデルハウス見学で実際の住まいをご覧ください。スタッフがご案内いたします。
モデルハウスはこちらから見学予約をお申し込みいただけます。