SOKENSTYLE

2019.08.04 お役立ち情報

家族が笑顔になる二世帯住宅の造り方|建築前に考えたいポイントとは

家族が笑顔になる二世帯住宅の造り方|建築前に考えたいポイントとは

二世帯住宅に暮らしている家族を見ると、とても仲が良さそうで微笑ましく感じます。ライフスタイルの異なる世帯が二世帯住宅でお互いに心地よく過ごすためには、間取りを工夫することがポイントです。譲り合える部分や協力し合う部分を話し合い、家族の絆を深めましょう。

目次

二世帯住宅に暮らすイメージ

・いろんな場面で協力し合える

二世帯住宅で暮らしていると、日常的に色々な場面で協力し合うことができます。例えば家事をしている間に両親に子どもの面倒を見てもらえたり、コミュニケーションを兼ねて一緒に家事を行ったり。一緒に家事をすれば時短にも繋がりますね。

・とっさの時でも安心

小さなお子さんがいる共働きのご家庭では、突然の体調不良や学校行事など、ご夫婦だけでは対応しきれないことも多々あります。そんな時に頼りになるのは、二世帯住宅に一緒に暮らす親世帯の存在ではないでしょうか。二世帯住宅は防犯や体調管理など、あらゆる場面で安心できます。

・コストで助かる

二世帯住宅は経済にも助かります。
家を建てる際の土地購入や建築費用を自分たちだけで負担するのは大変ですが、親子で協力すれば、お互いの負担が軽くなります。親が持っている土地に家を建てる場合、土地を探す手間が省けますし、利便性や治安の良い土地に建てることができるいうこともあります。

・税金が減額できる

二世帯住宅は節税にもなります。
「小規模宅地の特例」の条件に適用されれば、間取りによっては相続税が80%も減額されます。なかには相続税が不要というケースもあります。適応には申請が必要なので、届出を忘れないようにしましょう。


二世帯住宅の種類

二世帯住宅の種類

二世帯住宅には3つの種類があり、どのように暮すかによって家の造りが変わります。

・同居型

いわゆる「一つ屋根の下」と呼ばれる家で、キッチン、浴室、トイレ、リビング、玄関など個室以外の全てを共有する形になります。

<メリット>
設備を共有するので、建築コストが抑えられる

<デメリット>
世帯間のライフサイクルが異なる場合、生活音など気を遣うことが多い
プライバシー面の自由度が低くなる

・共用型

キッチン、浴室、トイレ、リビング、玄関などの住居スペースの一部を共有または別々にする家の造りです。同居型と比べると干渉する時間が減るので、心理的に風通しが良い暮らしが維持できます。家は建てた後に大規模な建て替えが難しいので、子どもの成長を見越した間取りを考えましょう。

<メリット>
共有スペースが分かれていると世帯間のプライバシーが維持できる
自由な間取りが実現しやすい

<デメリット>
建築コストが上がる
お互いのプライバシーが確保されている分、世帯間の認識の違いを理解する必要がある

・完全分離型

住居スペースを完全に分けた造りを「完全分離型」といいます。
同じ敷地内にそれぞれ独立した建物を建てる二棟分離型、建物の上下または左右で分ける上下(左右)分離型があります。家を分けて建てるので建築費用はかかりますが、気兼ねなく生活できます。

<メリット>
お互いのプライバシーが守られ、マイペースで生活できる
将来空いた方の建物を有効活用できる

<デメリット>
従来の二世帯住宅に比べて建築コストが倍になる
お互いが満足して生活できる十分な土地が必要
顔を合わせる時間が少ないので、万一の時に気が付きにくい


二世帯住宅を建てる前に考えたいポイント

二世帯住宅を建てる前に考えたいポイント

二世帯住宅で家族が心地よく暮らすためには、世帯の考え方の違いを把握しておかなければなりません。二世帯住宅を建てる前に、家族で次のようなことについて話し合う機会を設けてみましょう。

・世帯間の考え方を統一する

二世帯住宅は世代の違う家族が一緒に暮らすことです。ライフスタイルや考え方の違いをしっかり認識し、譲り合えるポイントを見つけておきましょう。

・ライフスタイルの違いは間取りで解消

子どもが成長するに伴い、家族のライフスタイルは変化します。お互いにフラストレーションをためないよう、10年、20年先を見据えた間取りの設計が必要です。

・家事や役割分担を決める

家事の中でも、特に水回り系の家事分担はしっかり話し合いましょう。話し合いの結果はスペースを共有するのか、分離するのかを決める判断材料にもなります。共有する場合、どちらが家事を担当する割合が多いのかも把握しておくと、設備を選ぶ際の参考にもなります。

・来客時の動線

共有スペースに常に来客があると、一緒に暮らす家族は気を遣います。お客様にも気を遣わせてしまうことになるので、来客が度々あるようならプライバシーを守るためにも来客用の動線を確保しましょう。


【大開口の「GIAZO」で憧れの二世帯住宅へ】

大開口の「GIAZO」で憧れの二世帯住宅へ

創建ホームのデザインシリーズ「GIAZO(ジアゾ)」は、家の中を一つの大空間でつなぎ、住みやすい二世帯住宅を実現します。

大小2種類の外壁タイルがメリハリのある外観を、壁一面に連続して配置された広々とした窓が高級感のある佇まいを演出します。

全ての床がフラットで繋がっているから、リラックス空間をさらに広く見せ、両親だけでなく小さな子どもも安心して暮らせます。いたるところにある大きな窓からは自然光が降り注ぎ、十分な明るさを確保できます。

和紙を原料にした畳や、タイルと木をミックスして創られた壁面の和室は、モダンで温かな雰囲気が流れます。玄関ホールのすぐ隣に設置すれば、お客様をすぐに和室までご案内でき、家族の負担にもなりません。

二階に続く階段を上がると、セカンドリビングが登場。吹き抜けで一階のリビングと繋がっているので、家族が談笑する柔らかな雰囲気が伝わります。

広々とした空間に、三世帯がゆったりと暮らせる「GIAZO」。無駄を省いて暮らしやすさを追求した理想の住まいがここにあります。