SOKENSTYLE

更新 お役立ち情報

レジリエンス住宅とは? – 住宅に災害から生活を守る防災性能を

レジリエンス住宅とは? – 住宅に災害から生活を守る防災性能を

近年、深刻な被害をもたらす水害や土砂災害が頻発しています。猛暑や豪雨も、生命にかかわるほど危険なレベルになりました。大震災は、いつどこで起こってもおかしくない状態です。 今後、これまでと同じ考え方の家づくりで、激甚化する災害に耐えられるのでしょうか?これからの住宅には、災害への「耐久力」や災害後に自立した生活ができる「災害対応力」が必要ではないでしょうか? 今、災害に強い「レジリエンス住宅」に注目が集まっています。これから家づくりをされる方は、住宅のレジリエンスに着目してみませんか?

目次

レジリエンス住宅の概要

レジリエンス住宅の概要

「レジリエンス住宅」という言葉を聞いたことはありますか?まだ認知度は高くありませんが、近年の気候変動の進行にともない、にわかに注目され始めた住宅用語です。

まずはこのレジリエンス住宅の概要からご説明しますが、じつは「レジリエンス」は住宅用語ではありません。最初にレジリエンスの意味をご紹介したあと、レジリエンス住宅についてご説明します。

そもそも「レジリエンス」とは?

もともと、レジリエンスは物理学用語で、後に心理学でも使われるようになった言葉です。日本語では、いろいろな訳し方をします。いくつか例をご紹介しましょう。

・抵抗力
・復元力
・耐久力
・再起力
・精神的回復力
・自発的治癒力

いくつも羅列しましたが、まとめて「脆弱性の反対の概念」と考えていただくとよいでしょう。レジリエンスが高い人や物は困難や抵抗に打ち勝つ能力が高い、と言えます。

住宅におけるレジリエンスとは?

では、住宅において「レジリエンス」とは、いったい何を指すのでしょうか。これは、自然災害に対する「しぶとさ、強靭さ、回復力」とお考えください。

ちなみに、自然災害の定義は「被災者生活再建支援法」が参考になります。引用して、ご紹介しましょう。

暴風、豪雨、豪雪、洪水、高潮、地震、津波、噴火その他の異常な自然現象により生ずる被害をいう。
出典:被災者生活再建支援法2条1号

つまり「レジリエンス住宅」とは、上述の災害(近年は、猛暑も入れたほうがよいでしょう)に対して優れた防災力や耐久力、災害後の対応力を持つ住宅のことです。

さらに、レジリエンス住宅には家庭内の事故防止能力も求められます。幼児の転落防止や高齢者の転倒防止、ヒートショックなどを防ぐ仕組みが必要なのです。

ようするに「ZEHや長期優良住宅等の高性能住宅を、災害前後に着目してアップデートしたもの」と考えていただくとよいでしょう。ですから、多くのレジリエンス住宅は以下の特長を持っています。

・年中快適な温度環境で過ごせる
・住宅で使用するエネルギーの収支がゼロ、またはそれに近い
・災害時に人命を守れるように耐久性を向上させている
・罹災後、長期にわたって自立した生活がおくれる

いっぽうで、災害は「住宅の性能」だけでは乗り切れません。お住まいの地域にどんなリスクがあるのか、リスクに対してどんな備えができるのか、住む人がそれを知って対応しておくことも大切です。

なお、CASBEE(建築物を環境性能で評価し格付けする手法)で「レジリエンス住宅チェックリスト」が公開されています。ブラウザ、またはPDFを印刷してチェックできますので、ご活用ください。

参考:CASBEE-レジリエンス住宅チェックリスト

このチェックリストで、ご自宅のレジリエンス度が確認できます。個人の防災意識も重要とわかる内容になっていますので、ご自分の防災意識の現在値を測るのにお役立ていただけます。


レジリエンス住宅に求められる性能や技術

レジリエンス住宅に求められる性能や技術

レジリエンス住宅に求められる性能や技術について、平常時・災害時・災害後にわけて、もう少し詳しくご紹介しましょう。

平常時に求められる性能・技術

誰しも、わが家が危険で健康を損なうような環境であって欲しくないでしょう。しかし、残念ながら住環境が原因で事故や健康被害に遭う方が少なくありません。

レジリエンス住宅には、それを防ぐ性能や設備が求められます。その一例をご紹介しましょう。

断熱性能:低光熱費で年中快適な温度環境がつくれる
バリアフリー性:高齢者や障害のある方でも暮らしやすい
防犯性能:不審者や空き巣の侵入を防ぐ
太陽光発電や蓄電設備:経済的にも環境的にもエコな暮らしができる

災害時に求められる性能・技術

災害時の住宅に求められる性能は「倒壊しないこと、二次災害を防ぐこと、安全に避難できること」です。しかし、これまで大地震等の災害が起こるたびに、住宅内で尊い命が失われています。

レジリエンス住宅には、人命を守るための高い耐久性や防災性はもちろん、以下の性能や設備が求められます。

耐震性能:新耐震基準を上回る耐震性能であること、家具が転倒しないこと
防火性能:隣家の延焼から自宅を守る、災害時に燃焼器具が自動停止する
建築地に合わせた防災対策:台風、豪雪、洪水等の備え
非常食や防災グッズの備蓄・収納力:しまいやすく、取り出しやすい

災害後に求められる性能・技術

これまでの住宅にもっとも足りなかったのは、災害後に自立生活できる性能です。倒壊はまぬがれても、ライフラインが断絶すると生活できず、一時避難せざるを得ないご家庭がほとんどでしょう。

レジリエンス住宅には、罹災しても健康的な生活がおくれる性能や設備が求められます。その一例をご紹介しましょう。

停電時でも使える電源:太陽光発電、蓄電池・PHV・EV、エネファーム等
生活用水の備蓄:貯水槽・井戸水利用・給湯設備の貯湯タンク等
避難の容易さ:高齢者や幼児連れでも避難しやすい


レジリエンス住宅のメリットとデメリット

レジリエンス住宅のメリットとデメリット

昨今の気候変動を見ると、住宅にレジリエンスは欠かせないように思えます。しかし、いざレジリエンス住宅を建てるとなると「何かデメリットはないか」と心配になる方もおられるでしょう。

最後に、レジリエンス住宅のメリットとデメリットをご紹介したいと思います。

レジリエンス住宅のデメリット

まずは、デメリットからご紹介します。レジリエンス住宅の主なウィークポイントは、以下の3つです。

・一般住宅より建築コストが高くなる
・屋根や間取りの形が制限される場合がある
・レジリエンス住宅を理解している建築会社が少ない

レジリエンス住宅には高性能の断熱材や断熱サッシ、太陽光発電システムが不可欠です。停電時でも使える電源や貯水ができる設備を備える場合もあり、一般住宅より建築コストがかかります。

また、太陽光発電量を少しでも多くしようとすると、屋根形状に配慮が必要です。屋根形状を配慮すると、間取りが制限されます。ですからレジリエンス住宅は、高い設計力が求められます。

しかし、レジリエンス住宅が認知され始めたのはここ数年で、まだ先進的な会社しか対応していません。建ててくれる会社が見当たらない地域も、少なくないでしょう。

レジリエンス住宅のメリット

つづいて、メリットをご紹介します。レジリエンス住宅の主な長所は、以下の3つです。

・日常の家庭内事故を防ぎやすい
・災害に対する耐久性が高い
・罹災時でも、衛生的で自立した生活ができる

レジリエンス住宅は基本性能が高く、快適な温度環境が低光熱費でつくれます。家中の温度差をなくしやすいので、ヒートショックの低減や疾病予防も期待できるでしょう。

さらに、レジリエンス住宅は地域性に合わせた防災性能の向上が図られます。昨今の豪雨や河川氾濫を考慮して、水害対策ができる住宅の開発も進んでいます。

レジリエンス住宅の真価が発揮されるのは、災害後でしょう。太陽光発電・蓄電池・貯水槽等が、ライフラインが断絶してもしばらくの間、自立生活を支援してくれます。


【まとめ】レジリエンス住宅とは?

レジリエンス住宅は、災害に対して高い耐久性や対応力を持っています。災害時に人命を守るだけでなく、災害後に自立した生活がおくれるように支援してくれます。

レジリエンス住宅は一般住宅より高性能であるぶん建築費が高額になります。しかし、光熱費の低減が期待できるので、性能向上費用の回収期間は短くなるでしょう。

創建ホームでは、広島県三原市明神にレジリエンス住宅のモデルハウス「RESIL」を展示しております。ご興味持ってくださった方は、お気軽にご来場ください。

レジリエンス住宅モデルハウス「RESIL」の詳細はこちら 》