SOKENSTYLE

2020.01.13 お役立ち情報

モデルハウスを購入!?事前に知るべき注意点とメリット・デメリット

モデルハウスを購入!?事前に知るべき注意点とメリット・デメリット

「モデルハウスは購入できる」ってご存知でしたか?モデルハウスには2種類あり、ときと場合によってどちらを利用するか決めましょう。 今回はモデルハウスの種類、購入する際のメリット・デメリット。 購入する前の注意点をご紹介していきます。

目次

モデルハウスとは

「間取りや設備などを想定して建てられた実物大の住宅」がモデルハウスです。ハウスメーカーに頼むと、見学しながら担当者に質問できるので、これから建てる住宅イメージを掴みやすくなります。

モデルハウスには「住宅展示場タイプ」と「分譲タイプ」の2種類があります。それぞれの特徴にどんなものがあるのか、ご紹介いたします。

【住宅展示場タイプ】
広い敷地にいくつもの戸建て住宅が展示され、実際に見学できます。複数のメーカーのモデルハウスを比較・検討できるので、「どのメーカーに頼もうか迷っている」という方にはおすすめです。

展示場に訪れる方の多くが家族連れなので、休日などは楽しいイベントが催されていることもあります。「興味本位で覗いてみたい」という方でも気軽に見学できますよ!

【分譲タイプ】
分譲地の一画に建てられたモデルハウスが分譲タイプになります。こちらは定められた期間、モデルハウスとして一般公開され、期間が過ぎると購入ができるようになります。

一般住宅の中にあるため、広さも周囲の住宅と比較しやすく、イメージが掴みやすいです。
メーカーによって、宿泊体験ができるモデルハウスもあります。


モデルハウスを購入するメリットとデメリット

モデルハウスは購入することも可能です!
ここでモデルハウスを購入するメリット・デメリットをご紹介いたします。

【メリット】

・実物を見て購入することができる

住宅を建てて、形になってくるとイメージと違う…なんてことも起こります。
しかし、モデルハウスは「すでに建てられている物件」です。実物を見て、購入したらすぐに住めるので、イメージ違いという事態に陥る心配もありません。

・豪華な設備を受け取れる

モデルハウスは見た人を魅了できるよう「憧れの住宅」を意識して作られます。
そのため、キッチンやトイレなどの設備が標準よりも豪華で、インテリア類もそのまま付属品として受け取れる場合もあります。住宅の雰囲気にあった家具を購入していくとなると、お金も手間もかかるし面倒…という方には、嬉しいポイントですね!

・分譲タイプならすぐに住むことも可能

「なるべく早く新しい家に引っ越したい」そんな方は分譲タイプのモデルハウスがおすすめです!売買契約を交わすだけで、すぐに購入できるので、面倒な打ち合わせも必要ありません。

【デメリット】

・見学者が多く来ている

モデルハウスは中古物件ではありませんが、物件によってはモデルハウスとして1年以上使用されていることもあります。
その間に多くの来場者が見学に来ていると、経年劣化による汚れがある可能性も…

宿泊体験が可能な物件は水回りなども使われているので、「住宅は新品がいい!」とこだわりのある方には向かないかもしれません。

・設備のグレードを選べない
全体的な仕様が豪華なので、人によっては「この設備にここまで高機能なものはいらない」と感じる人もいるかもしれません。しかしモデルハウスを購入する場合は、自分で品質を変えることや、他の種類を選ぶことができません。


モデルハウスを購入する際の注意点

モデルハウスを購入したいという方向けに注意点をご紹介いたします。

・人気の高いモデルハウスは抽選になる

モデルハウスは安くハイグレードな設備の住宅が購入できるので、物件によっては非常に人気が高くなり、抽選で購入者を選ぶことになります。

そのため、人気が高くなるほど購入できる確率も下がるので、希望していたモデルハウスを購入できない場合もあります。


創建ホームのモデルハウスご紹介

創建ホームでは広島県内の各地に多くの分譲モデルハウスを展開しており、即入居可の物件も多数取り揃えております!
人気の高いスキップフロアの住宅や、南イタリア風の住宅、夏涼しく冬あったかで家中快適な全館空調も。

見学できる創建ホームのモデルハウスはこちらから
ご予約はネットと電話で受付中です。

創建ホームの確かな品質の住宅が、お客様のご来場をお待ちいたしております。