SOKENSTYLE

2019.11.11 お役立ち情報

2階リビングを検討中の方へ!注意すべきポイントをご紹介

2階リビングを検討中の方へ!注意すべきポイントをご紹介

2階リビングを検討中の方はいらっしゃいませんか?2階リビングというとあまり良い印象をもたれない方もいますが、実はメリットも大きく、特にお子さんがいらっしゃる家庭にはおすすめできます。今回は2階リビングのメリット・デメリットや注意点をご紹介します。

目次

2階リビングのメリット・デメリット

2階リビングのメリット

間取りの選択肢が広がる
間取りは基本的にリビングを中心に考えますが、日当たりを考慮した間取りや店舗併用住宅、ビルトインガレージ、3階建の計画等をする場合2階リビングにすることで間取りの選択肢が増えます。

日当たりが良く開放感がある
2階リビングは周りの建物の日陰になりにくいので1階のリビングよりも明るい傾向です。また見晴らしもよく開放感があります。さらに設計によってはトップライトと天窓を設け、日光を屋根から取り入れることも可能です。

プライバシーへの配慮
住宅密集地に家がある場合、1階のリビングでは道路や隣の家との距離が近くて家の中の様子が見えてしまうなんてことがあります。しかし2階リビングでは外から視線が届きにくくなります。お天気が良い日は大きな窓を思い切り開放してお昼寝、なんてことも2階リビングなら可能です。

2階リビングのデメリット

搬入が大変
リビングに必要な物を置こうとすると、2階リビングでは階段の上り降りが必要になります。
十分な広さのある階段であれば大きなものも運び込みやすいですが、階段が狭いと搬入できるものに制限が生まれてしまいます。せっかく2階リビング用に新しくソファーを買ったのに、階段が狭くて入らない!なんてことにならないように気を付けたいですね。

階段の上り降りが大変
小さなお子さんや年配の方がいる家庭ではどうしても階段の上り降りは負担になってしまいます。健康で元気な方だけなら2階リビングは使い勝手がいいかもしれませんが、本当に2階リビングにしても大丈夫なのかはしっかりとそれぞれの家庭の状況で判断するようにしましょう。


2階リビングを検討する際の注意点

2階リビング

2階リビングを検討している方はこれから紹介する2つのポイントに注意が必要です。後悔しないためにも、しっかり考えてくださいね。

敷地や周辺環境をチェック

2階リビングを取り入れたい時に最初にチェックしておかなければならないのが、持っている土地が2階リビングに適した土地かどうかという点です。
周辺に高いビルがあれば2階リビングでも日光が入りにくくなってしまいます。自分が求める2階リビングが実現できるかは敷地や周辺環境次第ですので、業者に相談しながら理想の間取りができるかを確認しておきましょう。


2階リビングにおすすめの設備

2階リビング

最後に2階リビングにおすすめの設備を3つご紹介します!

天井を高くとったシーリングファン

2階リビングはどうしても空調が効きにくくなります。そこで取り入れたいのがシーリングファンです。シーリングファンの回転が室内の空気を循環させ、室温を一定に保ってくれます。最近のシーリングファンはリモコン操作もできるので、2階リビングにはぜひ取り入れていただきたいですね。

幅の広い階段

荷物や買ってきたものを運ぶためには、狭い階段ではどうしても不便で時間がかかります。そこで階段を広くすることで、荷物を運びやすくすることができます。両手に荷物を持った状態でも問題なく通れるほどの幅があれば、かなり楽に荷物を運べるようになりますよ。

バルコニーをリビングに隣接

2階リビングの広さを活かすには、隣に大きなバルコニーを設置するのが一番です。リビングとバルコニーが繋がることでより開放的になり、外の空間との一体感も生まれます。また、設備を工夫することで屋外のセカンドリビングにすることも出来ます。暑さ対策にシェードをつけておけば、暑い夏でも快適に過ごすことができますよ。


まとめ

2階リビングはおしゃれで、広々とした開放感が人の目を気にせずに手に入れられるので、取り入れたいと考えている方は多くいらっしゃいます。
今後のライフプランなどによっては2階リビングが向かないというケースもありますが、設備を工夫することで改善できる問題もあります。
創建ホームのGIAZOではセカンドリビングとして2階リビングを取り入れた間取りになっております。

GIAZOはアスタ住宅展示場でご見学受付中、2階リビングが気になる方は、ぜひ一度現地で実際にご見学ください。