ACTION

社会貢献活動

地域のため、社会のため、環境にやさしい「これからの家づくり」のため。
創建ホームの取り組みについてご紹介します。

地域貢献

プロスポーツチームを通じた
企業活動・地域貢献

広島東洋カープの選手をイメージキャラクターに起用したCMを24 年間続けて展開。
また、カープ選手の野球教室、サンフレッチェ広島の選手を招いてのファミリーサッカースクールなど、スポーツを通じて地域社会に貢献する活動に取り組んでおります。

創建ホーム カープ野球教室

カープと協賛して選手やコーチを招き、野球教室を開催しています。お子様の野球技術向上はもとより、野球への興味をさらに深めスポーツを通じた交流による地域コミュニティの向上にも貢献しています。

サンフレッチェ広島サッカースクール

創建ホームは、スポーツを通じた地域貢献活動の一環として、青少年の健全な育成、地域スポーツ振興を目的に、平成23年よりサンフレッチェ広島ご協力のもと、今年で25回目となるサッカースクールを開催しています。サンフレッチェ広島の選手、コーチによる直接指導のもと、サッカー競技力の向上、お子様と保護者の方とのコミュニケーション強化、地域の皆様との交流を図ります。

社会貢献

古着プロジェクトに参加

2018年、創建ホームグループは制服と作業服を刷新しました。そこで役目を終えた制服と作業着、また社員の古着を集めて難民キャンプへ送る活動に参加しました。

復興支援

西日本豪雨災害支援

2018年7月に西日本を襲った豪雨災害。広島県各地も大きな被害を受けました。創建ホームでは各支店、展示場で募金を募り、協力業者様からの救援物資のご提供をいただき、被害が甚大な地域に配布する活動を行いました。被災された皆様の一日も早い復興をお祈り申し上げます。

仙台市役所で行われたイヤホン贈呈式に創建ホームの玉田信也 相談役が出席、左から2番目。中央が奥山恵美子市長、右から2番目がアダプター開発者の川上富士喜視氏。

東日本大震災復興支援の取り組み

東日本大震災の被災者の方々が暮らす仮設住宅では、騒音問題が深刻化。壁が薄くて音量が上げられず、テレビも満足に観られない状況でした。そのため創建ホームは川上富士喜視さんの開発した2人同時にイヤホンで音が聴けるアダプターを仮設住宅全世帯に配布するための協力を行いました。 創建ホームは東日本大震災で被災された皆様の一日も早い復興をお祈り申し上げます。

広島土砂災害ボランティア

2014年8月に広島市北部を襲った土砂災害。創建ホームでは被災者支援や復興に役立てていくため、社員からの募金を募るとともに、有志社員と協力業者様とともに、113名による現地へのボランティア活動を行いました。 被災された皆様の一日も早い復興をお祈り申し上げます。