TECHNOLOGY

住まいづくりの技術

住宅に『さらなる耐震性』『制震性』をプラス。

GEOストラクチャー

住宅に『さらなる耐震性』と『制震性』をプラス。 GEOストラクチャー

創建ホーム標準採用の『GEOストラクチャー』は、特殊なダンパーが揺れの強さに応じて耐震、制震性能を発揮します。

震度5まで
耐震性能を発揮。
震度6以上
制震性能を発揮。

ダンパー内のブレーキ構造(フェノール樹脂+ステンレス鋼板)により地震エネルギーを吸収、建物の揺れをすばやく収束させます。

*一般的な制震ダンパーにはオイルやゴムが使用されていますが、『ジオ・ストラクチャー』はフェノール樹脂とステンレス鋼板という劣化しにくい素材を使用し吸収力を高めています。
*ダンパーの耐用年数は169年です。(高温の加速試験に基づくアレニウスの法則による予測値)

POINT 01

『耐震性』だけでは、
地震から家は守れない

防災科学技術研究所の実大振動実験では、耐震性に優れた建物(※)と、それに劣る建物で前者が倒壊する結果に。
理由は耐震性の弱い建物がゆえに、揺れに逆らわず吸収したことが制震となり、倒壊を免れた可能性が考えられます。※耐震等級2以上3未満相当の建物

『耐震性』だけでは、地震から家は守れない
POINT 02

耐震性に、
優れた『制震性』をプラス

耐震等級の最高ランクである耐震等級3でも揺れの性質によっては倒壊の危険性があります。
耐震性の高い家は一言で言うと硬い家。
『GEOストラクチャー』は住まいに制震性をプラスし、倒壊のリスクをさらに軽減します。

耐震性に、優れた『制震性』をプラス
住まいに『より強い耐震性』をプラス

檜ストロング構法

一般的な建材を使用しても耐震等級3相当となる創建ホームの家。
被災後も安心して暮らせる家を目指し、より耐久性に優れる選りすぐりの国産檜を標準採用しています。

檜ストロング構法
檜ストロング構法/素材の強さ

スーパーひのき〈国産材〉

POINT 01

一般の木造住宅より20%UPの強度1本ずつ厳選したヤング係数E110以上の檜

木材の強度を機械で測定するヤング係数。創建ホームでは全体の約38%しかないE110以上の強い柱を厳選。一般の木造住宅と比べて約20%UPの強度を誇ります。

一般の木造住宅より20%UPの強度 1本ずつ厳選したヤング係数E110以上の檜
POINT 02

永く家を守る耐久性割れ・反りに強い、含水率15%以下の檜

含水率とは木材に含まれる水分の割合。JAS規格が20%以下に対し、創建ホームは15%以下の無垢材を使用。割れや反りに強い建材です。

永く家を守る耐久性 割れ・反りに強い、含水率15%以下の檜
POINT 03

防蟻・耐不朽性貴重な真持ち材だからこそ

防蟻・耐不朽性 貴重な真持ち材だからこそ

スーパー檜は、木から一本しか取れない貴重な真持ち材のみ。耐久性に加え、防菌・防カビ・殺虫作用にも優れます。

POINT 04

信頼のJAS認定確かな品質の証

信頼のJAS認定 確かな品質の証

JASとは全ての人が安心して使える規格・品質を規定したもの。印字された「E110」(ヤング係数110)、「SD15」(含水率15%)は強さの証です。

POINT 05

安心の高品質材高品質の追求

安心の高品質材 高品質の追求

品質にこだわり、材木の産地・伐採時期・市場、工場での製材から出荷、現場に届けられるまでの過程をすべて追跡。確かな品質を追求します。

創建ホーム スーパーひのき

創建ホームの厳しい基準をクリアして印字される「厳選国産檜」。JAS認定ラベルには、強度を示す「E110」、耐久性を示す「SD15」が印字されています。

檜ストロング構法/耐える力

Sパネル

創建ホーム Sパネル

家に負荷がかかっても変形するのを防ぐ、強度のある合板。「Sパネル」を使用した耐力壁により、耐震性が飛躍的に向上します。

スーパーひのきの耐震性を向上させ、さらに台風などの強い風に対しても、高い耐風性を発揮します。
隙間なく埋める断熱で断熱性能アップ

FIT断熱

創建ホームの『FIT 断熱』は袋に入っていない断熱材を、現地で形状に応じて加工することで正確な断熱施工を実現。
袋状の断熱剤ではどうしても発生してしまう隙間を無くすことに成功し、、実際の断熱性能がアップしています。

隙間なく埋める断熱で断熱性能アップ FIT断熱
1断熱材

高性能グラスウール

高性能グラスウール

袋に入っていない断熱材を現状に応じた形状に加工し、隙間の無い正確な断熱施工を実現します。

2天井断熱

吹込み用グラスウール

吹込み用グラスウール

グラスウール断熱材を均一に吹き込み、天井吊木、配線、ダクト等の障害物に対して隙間なく断熱施工を行います。

3床断熱

ビーズ法
ポリスチレンフォーム

ビーズ法ポリスチレンフォーム

厚みのあるポリスチレンフォーム断熱材を床下に敷き詰め、床下からの温度変化に対応します。

4壁・天井機密

機密・防湿シート張り

機密・防湿シート張り

断熱材を入れた部分を防湿シートで覆うことで、室内の水蒸気が壁内に入るのを防ぎ、気密性能をより高めます。

創建品質を実現する監理体制

創建品質を実現する監理体制

住まいの性能は品質から。良い性能を持つ構造も、品質が悪ければ性能を発揮することはできません。品質を高めるために創建ホームでは現場の管理体制に徹底的にこだわっています。

創建ホームの監理体制について