熱の流出しない快適な住まい

断熱材で熱の流出入を少なくすれば、外気の影響を抑え、
冷暖房効果を向上させ、夏は涼しく冬は暖かい室内環境が実現できます。
良質な断熱材を使用しても、気密性(隙間のない)が低ければ熱の流出入を防ぐことはできません。
創建ホームでは防火・耐熱に加え、吸音性をあわせもつ高性能グラスウールを採用し、
さらに全窓 Low-E複層ガラスと、断熱サッシを採用して断熱性を高めています。

創建ホームオリジナル高性能グラスウール

グラスウールは細いガラス繊維が絡み合って作られる空間によって熱を伝えにくくしている断熱材です。最新の繊維技術によって性能が向上し、長期間にわたり性能劣化が少ない断熱材です。
一般的なグラスウールが熱伝導率0.050W/(m・K)
なのに対し、創建ホームオリジナルの高性能グラスウールは熱伝導率0.038W/(m・K)の高い断熱性を実現。

熱伝導率 一般的なグラスウール 0.050w/(m・K)
創建ホーム高性能グラスウール 0.038w/(m・K)
  • 断熱性
  • 耐水性
  • 耐久性
  • 防火・耐熱性
  • 防音・吸音性
  • 安全性
2階床構造 断面図

アルゴンガス Low-E 複層ガラス

LOW-E 複層ガラスは、内側に「Low-e 膜(Low-Emissivity=低放射膜)という熱の伝わり を抑える特殊な金属膜をコーティングした複層ガラスです。「アルゴンガス」は“気体の断熱 材”ともいわれる空気中に約1%存在する不活性ガスで、空気よりも熱伝導率が低いため熱 を伝えにくく、また、空気よりも比重が重く、複層ガラスの中空層で対流を抑えて断熱効 果を高めます。

  1. 日射熱カット
  2. 結露抑制
  3. UV カット
  4. 省エネ
2階床構造 断面図

断熱サッシ

断熱サッシは、室内側の障子と枠が断熱・防露性に優れた樹脂製断熱サッシです。アルミと樹脂との接合部には、断熱樹脂の採用により窓まわりのイヤな結露を抑えます。省エネルギーに加え、躯体内結露を防ぎ、住宅の長寿命化にも貢献します。

JIS 等級(熱貫流率2.15[W/(m・K)]以下)

2階床構造 断面図