PERSON

広い視野で物事を捉える、社員、支店、会社。創建ホームのこれからを創るのが私の仕事です。

支店長 貞木剛 2003年入社

リーダーとして必要なことはなんですか?

気づき、そして行動することだと思います。まず気づく。これがないと何も始まりません。そして気づいても行動しなければ何も変わりません。自分が気づいて行動することが重要だと思います。自分で示して相手に分かってもらう。言葉だけでは誰もついては来ないと思います。リーダーは自分に厳しく、相手に優しくあるべきだと考えます。

仕事をするうえで大切にしていることは?

常に客観的に物事を見ることのできる状態でいることに気を付けています。良い会社、支店にするためには一人一人の考え、想いをオモテに出してもらわないといけないと思います。みんなが発言しやすい環境をつくりたいと思っています。全体を見渡す視野で、周りに気を配ります。自分たちで良い会社をつくるんだと言う強い想いをみんなに持ってもらいたいと思っています。

支店長としての取組みについて教えてください。

お客様、社員、会社、みんなが満足できる会社を目指しています。そのためにまず社員が創建ホームに入って良かった、創建ホームで働き続けたいと思える会社でなければいけないと思います。社員が満足できればお客様に対して良い接客、対応、提案ができると思います。もちろん売上にも繋がります。社員がそのための「気づき」「考え」「行動」できる環境の手助けが自分の仕事だと思っています。

どんな人と一緒に働きたいですか?

わたし自身はお客様を想い、本音を聞き、満足していただける提案を仕事で心がけています。それが仕事を円滑にし、信頼を築き、結果にも反映されています。支店を任せられるようになり、その動きはお客様と社員へと範囲を広げました。本音で話せる人と一緒に働ければと思います。

就職活動中のみなさんへ

自分と向き合い、会社を選んでください。

良いと思える会社は人によって異なると思います。自分にとって本当に良い会社とは何か。しっかりと調べ、話を聞き、見極めてください。自分が働く上で優先順位は何かをイメージできれば見極めもしやすくなると思います。今を乗り越えれば、楽しい社会人生活が待っています。頑張ってください。