PERSON

設計をする上で必要なのは、知識とスキル以上に、まず「素直な心」と「向上心」が大切です。

設計課 景山彰 2006年入社

設計課の仕事内容を教えてください。

お客様との打ち合わせで出た要望や提案などをまとめ、設計図として作成します。見積りなども作成して、お客様と直に顔を合わせながら契約から着工までの一連の業務を行う仕事です。時には契約前のお客様との商談にも同席して、要望をヒアリングしてその場で図面として提案することもあり、営業との関わりも多いのが設計課の特徴だと思います。

仕事で必要な能力・素質について教えてください。

設計としての必要最低限の知識は当然必要ですが、それら以上に「素直な心」と「向上心」が大切です。素直さが欠けると物事に対して否定的になりますし、向上心を失うと言われたことしか出来ない人になってしまいます。確かに、高度な知識とスキルは必要ですが、まずは仕事に取り組む姿勢が一番大事だと思います。

仕事をする上で心掛けていることを教えてください。

いつも心掛けていることは「感謝の気持ち」です。仕事は一人では成立しません。仕事を作ってくれる営業、描いた図面をカタチにしてくれる工事、いろんな面でサポートしてくれる本店管理部や建築本部の方がいます。そんな方々に、感謝の気持ちを持ちながら仕事するのとしないのでは、当然仕事の質も大きく違ってきますし、することでよりうまく回っていくと思います。

就職活動中のみなさんへ

これからの自分の生き方を見つめ直す機会にしてください

とにかくまず会社を選ぶ前に、自分を知ることが大切だと思います。これから先、仕事をするということはずっとついてまわるものですから、それを今の段階では自分にとってどういうことなのか。好きなことを仕事としてバリバリ働きたいのか、休みやアフター5を自分の趣味をして過ごしたいのか、イロイロだと思います。この仕事は帰る時間が遅くなることも多く、お客様に合わせて休みが不定になることもある大変な仕事です。でも、逆に言えばそれだけ大きなモノを扱っている仕事なのだから当然だと思いますし、それがやりがいというものではないかと思います。就職活動中の時期にしっかり自分を見つめなおして、そして仕事にやりがいや生きがいを見出したいと思った人は、一度は創建ホームの説明会に参加してみるべきだと思います。